混合燃料の取り扱いについて

混合燃料を自分で作る場合、「混合比率」や「オイルの種類」に気をつけてください。

比率を間違ったり、種類を間違えるとピストンに傷がついたり、カーボンがたまったりしてエンジントラブルにつながります(画像参照/カーボンの固着したピストン)。

また混合燃料を保管する容器にも気をつけること。ペットボトル等に長時間入れて保管すると、プラスチックが溶けて燃料と化学反応を起こし、それが原因でピストンにカーボンがたまったりする場合もあります。