Blog

勝山まちゼミ チェンソー目立て講座

勝山まちゼミ チェンソー目立て講座

去る7月7日、勝山商工会議所が主催する勝山まちゼミにて、株式会社鷲田商会は「誰でもできる!チェンソー目立て講座」を開講しました。普段は当社の修理を行っている場所が会場となりました。お客様に会社へお越しいただき、ご参加頂く形です。

お店の人から直接教えてもらえる、ということで始まったこの勝山市のイベント、こちらの予想を超え16名もの方々にお集まりいただきました!ほんとうにありがとうございました!

講座ではパワーポイントを使ったスライドによる目立てやソーチェンの構造の説明と、実際の皆様の機械を使った目立実演の二本立てで行いました。現在は目立てが簡単にできる道具などたくさんありますが、昔ながらの目立てヤスリを使った目立て方法はなかなかコツが掴めるまで時間がかかります。


勝山まちゼミ


チェンソー目立て講座



お越しいただいた皆さんには講座を満足していただけたようで、その後集めたアンケートでもたいへん良い評価をいただくことができました。今後も当社としてはまた開催したいと思います!

チェンソーアート・イベントに出店!

福井県大野市(旧和泉村)の前坂キャンプ場で開催された、チェンソーアートのイベントにブースを建て、株式会社鷲田商会として出店いたしました。

ゴールデンウィークの5月5日、とてもよく晴れた行楽日和となりました。タレントの清水国明さん、チェンソーアート元世界チャンプの栗田さんなど国内の著名なトップカーヴァーがここに集結!3時間みっちりとチェーンソーアートを作り上げました。

動画にて、短いですがその模様をお伝えします。皆さんとても器用にアートを作る姿を見て、すごかったです!

 

 

勝山左義長まつりと芳野区左義長雪だるま

勝山左義長まつりと芳野区左義長雪だるま

いつもありがとうございます。

久々の更新となりましたが、従業員一同元気にがんばっております!

さて、先日当地福井県勝山市にて、勝山左義長まつりという大きなお祭りが開かれました。春を呼ぶ奇祭とも呼ばれ、市内に12基の櫓が建ち、そこから太鼓や笛の賑やかな音色をきくことができます。

私どもの地区である、芳野区にも櫓が建ち、大勢の見物客の皆様がいらっしゃいました。芳野区は左義長雪だるまと称し、雪だるまで皆様をもてなしました。これは他の区にはない、芳野区独自のイベントです。

夜になると、ミニ行燈にろうそくが照らされ、あたりが賑やかになります。今年のお祭りは、初日は好天に恵まれ、皆様お祭りを楽しんでいるようでした!

 

混合燃料の取り扱いについて

混合燃料の取り扱いについて

混合燃料を自分で作る場合、「混合比率」や「オイルの種類」に気をつけてください。

比率を間違ったり、種類を間違えるとピストンに傷がついたり、カーボンがたまったりしてエンジントラブルにつながります(画像参照/カーボンの固着したピストン)。

また混合燃料を保管する容器にも気をつけること。ペットボトル等に長時間入れて保管すると、プラスチックが溶けて燃料と化学反応を起こし、それが原因でピストンにカーボンがたまったりする場合もあります。

謹賀新年

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます!

旧年中は格別のお引立てを賜わり厚くお礼申し上げます。

本年も更なる努力をしてまいりますので、昨年同様のお引き立てを賜わりますようお願い申し上げます。

尚、新年は1月6日から平常どおり営業させていただいております。

スチールの広報誌に弊社が紹介されました

スチールの広報誌に弊社が紹介されました

お世話になっております。

スチールの広報誌に弊社が紹介されました!

以下に掲載された内容をアップ致します。

——————————————————————————————————

㈲鷲田商会のある勝山市は、福井県の北東部に位置し繊維業を主な産業として発展してまいりました。近年は恐竜博物館・スキージャム勝山・平泉寺・越前大仏など観光産業に力を入れ、年間百万人を超える観光客で賑わっております。まちには恐竜のモニュメントが市内の至るところに置かれており、また勝山市は米フォーブス誌にて「世界で最もクリーンな町ランキング」9位に選ばれたことがあります。

弊社は明治14年に創業し、主に勝山市、永平寺町、石川県旧白峰村を主な商圏とし、地元の農林業従事者や一般家庭にむけて機械を販売・修理を行っております。

弊社ではチラシ・広告・DMなどを通じて来店型店舗を目指し、店内ではお客様に価格や性能を分かりやすく表示し、立体感のある展示にも心がけ、全商品を見て触れて楽しく買い物ができるようディスプレイをしております。

サービススタッフは3名在籍し、即修理をモットーとし、平均年齢は30代。うち2名がスチールスペシャリストの資格を有し、また農業機械整備士の資格も保有、地域一番店になるようアフターサービスの充実を図っております。

㈱スチールとは40年余りのお付き合いですが、今回は新たな気持ちでスチールショップとして大きく飛躍していきたいと思います。

店内展示コーナーのリニューアルをしました

店内展示コーナーのリニューアルをしました

当社実店舗のチェーンソーコーナーをリニューアルしました。

いつもお世話になっております、修理やイーグルの店長鷲田です。

今回、より手にとって見ていただける店内展示のリニューアルを致しましたのでお近くにお立ち寄りの際は、是非ご覧になって下さい!

これからも修理やイーグルをよろしくお願いいたします!

展示コーナーはこんな感じです。

思わぬ、嬉しい反響がありました。

今回は思わぬ嬉しい反響がありました!

お世話になっております。修理やイーグルです。日記を更新しなくなって、かれこれ3年も経過してしまいました。

先日、当店でスチール社のチェンソー修理をご依頼いただいたお客様から、嬉しいご感想をブログにお書きいただいたので、ご紹介させて頂きます。

千葉県にお住まいのよし様という方ですが、当店にスチール011などの修理をご依頼いただきました。

手のこんだ修理には なったのですが、当社修理スタッフが頑張り、調子を取り戻すことができました。

嬉しい反響をブログの方にいただいておりますので、リンクをさせて頂きます。

スチール020Tの修理完了

スチール020Tの修理完了

スチール011AV

スチール011AV

よし様のブログはこちらです。木切りをメインにしたとても読み応えのあるブログです。

よし様、これからも又何かございましたら、よろしくお願いいたします!

チェンソーの保管方法

チェンソーの保管方法

今回は故障しないためには、ということで、機械の保管に関していくつかの注意点を申し上げます。

5月も中旬に入りましたが、天気のほうは暑くなったり、肌寒くなったりを繰り返しています。気温差が激しく、長袖も半袖も両方必要のような、変わった天気が多いですね。
長い間使わないチェンソーにはそれなりに保管に注意しないと、また使い出すときに、動かないといったことがよくあります。以下の点に注意してください。

約3ヵ月以上使用しない場合

  • 換気のよい場所で燃料タンクを空にし、燃料タンクを洗浄してください。
  • エンジンを運転して、キャブレタ内の燃料を空にしてください。これによりキャブレターのダイヤフラムの貼り付きを防止します。
  • ソーチェンとガイドバーを取り外し、汚れを落とし、防錆オイルを吹き付けます。丁寧に掃除してください
  • 特にシリンダーフィンとエアーフィルターの掃除に注意してください。
  • チェンオイルに生分解性オイルを使用している場合、オイルタンクいっぱいになるまでオイルを充填します。
  • 機械を乾いた場所に保管してください。(子供などによる)許可外の使用を避けてください。
チェンソー内部の名称

チェンソー内部の名称

2月も半ば過ぎになりましたが、全国的に暖かく雪が降らない状況になっています。

アメリカでは豪雪であったり世界規模で異変が起こっているのかもしれませんね。

さて、今回は、前回の外観の説明からうって変わって、チェンソー内部のちょっとした説明をしたいと思います。今回取り上げますのはエンジンチェンソーになります。スチールのMS200を題材といたします。下記の図を参照してください。

チェンソー内部の構造と名称

説明が長くなってしまいますので、各部の説明は割愛いたしますが、故障箇所として多いのはやはりキャブレター(気化器)でしょうか。燃料が詰まってしまったり、内部のダイヤフラム硬化が考えられます。修理方法としては、キャブレターを分解し掃除する、または各部小部品を交換したりします。

そのほか、重度の故障ですと、エンジン内部(たとえば焼き付き)の故障が考えられます。心臓部といえる、シリンダーやクランクケースの修理が必要になることもあります。